読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

…転々…

極楽寺4号踏切以外のこと

江ノ電のレイアウトを作ろうと思って机を買ってしまった

江ノ電レイアウト制作記

近所にファニチャーエクスプレスっていうCMの比較的おかしいアウトレット専門の家具屋に、ソファを買いに行ったときのこと。

ソファを買うんだから、センターテーブルも買おうということになりました。

その瞬間、僕の頭の中ではティーカップの下で
f:id:yuigahama354:20120928133221j:plain
こんな光景が広がっていたらいいなとしか考えられなくなり、気づいたときには「ミニカーブレール レイアウト サイズ」などと検索していました。
(イメージ図 稲村ヶ崎極楽寺駅間)

検索したところ、江ノ電の車両はR140ならカーブを曲がることができ、トミックスのミニ鉄道模型運転セットがR140のカーブが含まれた小判型のセットのようで、これを敷くと約280ミリ×420ミリ=A3用紙1枚分になることがわかりました。

急いで店員さんにA4コピー用紙4枚をいただき、店内にある棚のついた机にコピー用紙を並べる作業を続けていました。
妻に何か言われた気がしたがよく聞こえませんでした。肩を叩かれたり繰り返し言われたりしていないということは、たいしたことではないのでしょうね。
そこで見つけたのは、レイアウトが展開できる棚の広さが450ミリ×820ミリ×185ミリの、強化ガラス天板の組み立て式センターテーブルでした。
値段は確か4000円程度だったと思います。両端の木材部分が気になりますが、海や空、林の背景でカモフラージュしたり、合板なので穴を簡単に開けられるなと考えていました。



しばらくして、ホームセンターで机に敷くビニールと、スタイロフォーム・発泡スチロールを買い、その上に線路や建物を仮敷設し……2年が経過。その机はどうなっているか。








f:id:yuigahama354:20161027032803j:plain


子どもがソファの前を広々使いたがるせいで、部屋の片隅に追いやられたセンターテーブルさん。
センターになくてもいい。完成させよう。そう決めたのでした。

(つづけ)